ドライブ&ツーリングでどこへ行こう・・・
そんな時お城をターゲットに走ることを思いつきました。
そして気が付いたら全国津々浦々(笑)
これまでに訪問したお城を紹介します。

WWW を検索 なぽのホームページを検索

TopPage > 東京都
平塚城
2011.11.5

平塚神社
 
●概要●
平塚城は平安時代末期に豊島近義により築かれた。奥州清原氏の内乱を収めた後三年の役(1083〜87年)からの帰還中に源義家が立ち寄り、近義の心のこもった饗応に感激して、自らの鎧一領と十一面観音像を下賜したという。近義はこの鎧を清浄な地に埋めて鎧塚を築き、一族の繁栄を祈願したという。鎧塚は高さは無く平たく見えることから「平塚」とも呼ばれ、地名の由来となった。その後、豊島氏は次第に勢力を拡大して武蔵国の大半を支配する大領主となり、平塚城は代々惣領家の居城となった。だが、室町時代に入り、関東管領・上杉氏の家宰の地位を巡って長尾景春が乱を起こすとこれに呼応したため、扇谷上杉氏の家宰・太田道灌により攻め落とされた。落城後は城として使われることはなく、廃城になったと見られる。現在、平塚神社のある台地が平塚城跡地と見られているが、正確な位置は特定できていない。

●歴史●
平安時代末期
(1080年頃?)
豊島近義により館が築かれる。
1088(寛治2)年? 後三年の役からの帰還中に源義家、義光、義綱の兄弟が立ち寄った。豊島近義の手厚いもてなしに感動した義家は、自らの鎧一領と十一面観音像を下賜した。近義は後にこの鎧を埋めて鎧塚を築き、一族の繁栄を祈願した。
1477(文明9)年 長尾景春の乱に呼応して豊島氏が挙兵。太田道灌が平塚城に攻め寄せたため、石神井城・練馬城の兵を集めて豊島泰経が来援。だが、江古田・沼袋原の戦いで惨敗し、泰経の弟で平塚城主の豊島泰明が討死した。
1478(文明10)年 豊島泰経が再び平塚城で挙兵したが、太田道灌に攻め落とされ落城し、廃城となった。
江戸時代 将軍・徳川家光の頃に針医・山川城官貞久によって再興。貞久は家光の病の治癒を祈願し、家光は程なく快復。このことを知った家光から50石の寄進を受けた。

●案内●
常時開放

●アクセス●
電車 JR京浜東北線・上中里駅より徒歩5分
国道17号→都道455号→「平塚神社前」交差点を右折。駐車場なし。

●地図● 東京都北区西ヶ原2丁目

より大きな地図で 東京都の城跡/なぽのホームページ用 を表示
TopPage > 東京都